PORPOISE Camera Diary

何気なく過ごしている日常に溢れる沢山の“美しい”。そんな岩手県の日常風景を発信しています。

PORPOISE Camera Diary

「日常の“美しい”を切り取る」

フォトブックを作ってみた!! ~納品編~

前回のブログで、初めてフォトブックを作ってみたことについて紹介をしました。

porpoise-photography.hateblo.jp

 制作や注文方法については、前回の記事をご覧いただければと思います。

今回は、そのフォトブックが納品されたので、実物を見た印象を綴りたいと思います。

 

 

 

作ったフォトブックの内容

 

まずは、簡単に今回作ったフォトブックについてまとめてみます。

 

◎注文サイト◎

 My Book

◎種類◎

 ハードカバータイプ

 

f:id:PORPOISE:20170717205326j:plain

 

 ※詳しい内容は下記URLよりご覧ください

www.mybook.co.jp

◎形状◎

 正方形

◎サイズ◎

 180S (186mm×186mm)

◎ページ数◎

 20ページ

◎本文仕上げ◎

 ラミネート加工 (つや消し)

 

f:id:PORPOISE:20170717205739j:plain

 

◎コンセプト◎

 今年の上半期に撮影したベストショット写真集

 

f:id:PORPOISE:20170717221043j:plain

 

 

実物を見てみる!!

 

では、実物を開いてみます!!

…の前に、梱包の写真を撮り忘れてしまいましたが、丈夫に そして大切に包まれていました。“注文者にとっては大切な一冊”、そのような配慮が感じられました。

 

ではでは、やっと実物を開いてみましょう!!

…の前に!! これがまた、フォトブックが半透明のブックケースに入っているのです。細かいところまで、粋な計らいが行き届いています。

 

f:id:PORPOISE:20170814204150j:plain

 

無いことが一番ですが、万が一 不慮の事故に遭っても本体へのダメージは少なそうです。私は棚の奥深くにしまってありますが、普段から目に付くところへ置いていても「汚れそう」と心配する必要がなさそうです。

と、ここまでMy Bookの“思いやり”を感じたところで、やっと本文をチェック!!

 

f:id:PORPOISE:20170814204209j:plain

 

今回は、本文仕上げを『ラミネート加工 (つや消し)』にしましたが、想像通り…もはや想像よりも良さげな仕上がりでした!!  “ホームラン級の写真”ばかりを集めたのが今回作ったフォトブックだったので、この高級感は素晴らしい!!

文字サイズについては、作っているときに完成品のイメージが沸かなかったため勘で作りましたが、意外と良い感じ!!

今回は初めてのフォトブック制作だったため簡単に作りましたが、結構お気に入りの物を作り上げることが出来ました。

 

フォトブックを作って気付いたこと

 

『フォトブックを作って気付いたこと』。それは、“形に残す大切さ”でしょうか。私の場合、普段はデジタル一眼レフで撮影して、その写真をモニターを通して見ています。ただ、やはり今回のようにフォトブックにするなり、紙にすることも良いなと感じました。

 

f:id:PORPOISE:20170814204233j:plain

 

世界で一冊のオリジナルフォトブック”。普段は、なかなか開かずに大切にしまってしまうと思います。ただ、たまにはでいいので開いてみると、そこに撮影したときの情景が浮かぶはずです。紙ならではの、“めくる”という一つの動作が写真を蘇らせてくれるかもしれません。

 

まとめ

 

初めてフォトブックを作ってみましたが、大満足でした。もちろん、多少なりでも時間と労力、そしてお金を使います。それでも、たまに作る分にはとても良い代物だと私は感じました。また半年後、時間を割いて作ってみようと思います。

 

f:id:PORPOISE:20170814204131j:plain